話題作りについて!どうすれば・・・?

自己紹介の使い方によって実は落とし穴??!

実は英語に限ったことではないんですね。

想像してみましょう。僕もあなたも含めてこういうシチュエーションに陥ったことがないでしょうか?

自分:Hello!(こんにちは)

相手:Oh, hello!(あ、こんにちは)

自分:I’m Alexander. Nice to meet you!(アレキサンダーです。よろしくお願いします。)

相手:Nice to meet you, my name’s Mark!(よろしくお願いします。マークと言います。)

自分:So…how…how are you today?(今日、どんな感じですか?)

相手:Good, good…you?(いい感じです!あなたは?)

 

はっきり言って。。。

 

まずい!

 

笑笑

 

このままだと長く会話が続かない雰囲気が伝わってきましたか?場合によってあれで、終わってしまいます!せっかくの出会いなのに無駄にしてしまうのでは本当に勿体無いです。

でも実は日々ああいう風になってしまう人たちが多いんです。あなたももその一人かもしれません。

英語で話していて、途中で何を言えば良いか迷ったりしたことは誰にでもあることです!

 

話が弾まない時は質問がキーになります。

いわゆる質問力が高い人との話は著しく会話が楽しくなります。何より質問は準備ができるので、あらかじめいくつか質問を持っていれば良い!

じゃあ、いきなり「彼氏といつ別れましたか?」で行ってしまうので、変な方向に進んでしまったり、遠ざかれる可能性がますでしょう!そこで会話に役に立つ質問を取得しておきましょう〜

 

第一声的な最初の質問は?(初級編)

まず自己紹介を弾ませましょう!いわゆる「名前」と「元気か」以外のことをお互いに伝えていきましょう!

*年齢を聞くのはNGなんです!いきなり彼氏・彼女いるかい?と聞いてしまうのと同じです!そこだけは要注意。

Where are you from?(出身はどこですか?)

Where did you grow up?(どこで育ちましたか?)

Where do you live now?(今どこにお住まいですか?)

What do you do for a living ?(どんな仕事をしていますか?)

興味・好きなことについて聞きましょう!

最初の自己紹介と簡単な質問が終わった後は、相手との共通点探しに移りましょう。

相手は何に興味があるか知っておきましょう〜

What are you interested in?
(どのようなことに興味がありますか?)

What do you like doing?(何をするのが好きですか?)
*What is your hobby?は正しい英語ですが、ネーティブの人はあまり使わない言い方だと感じます。「ご趣味はなんですか?」とお見合いに出席しているような気分になる人もいるので少々注意!(笑)

What do you usually do after work?(仕事後、何をしていますか?)

How do you spend your free time / weekends?(フリーな時間・週末をどう使っていますか?)

食事・料理の好みについて聞きましょう!(中級)

坂本龍馬が大好きで、実は2010年の大河ドラマ「龍馬伝」を何回も観てしまったんですが、坂本龍馬は、実は、食事・料理の場で自分のトークのスキルを磨いていたと言われています。

確かに料理を囲んでいる時にこそ人と仲良くなりやすいからかなと感じています。

英語でも同じです。なので、相手の料理の好き嫌いなどを聞いてしまいましょう!

What sort of food do you like?(どんな料理が好きですか?)

Do you like Japanese food?(和食が好きですか?)

Do you have any allergy?(何かアレルギーあるんですか?)

Can you recommend any restaurant in Tokyo?(東京でどこかおすすめのレストランはありますか?)

 

相手の意見を聞きましょう

大概自分の意見を聞かれると嬉しくなるものです。ずっと日本で育てられて暮らしている方ならば、ピンと来ない方がいるかもしれないですが。

そうなんです!実は、自分の存在が認められた!と感じます。

Where do you think I should visit in Tokyo?(東京のどこを観光したらいいと思いますか?)

What do you think about this?(これ、どう思いますか?)

Do you agree to this?(同じ意見ですか?)

What do you want to do after we finished eating?(食べ終わったら何をしたいですか?)

最近のニュースや出来事についても忘れずに!!

 

前の「意見」の項目の引き続きニュースや出来事、人によって時事についても聞きましょう。

特に出身国の事情や日本いついてどう感じていることもとことん聞いてみましょう。

Have you ever heard about ABC?(ABCのことを聞いたことがありますか?)

Do you watch the news  regularly?(定期的にニュースを観ていますか?)

How is ABC like in your country?(出身国ではABCはどうですか?)

What do you think of ABC in Japan?(日本のABCはどう思いますか?)

最終奥義は?!

どうしても質問が思い浮かばなければ、

「あなたは?」と相手からされた質問を相手に今度聞くという手もあります。

いかがでしたでしょうか?

サガラ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年より本格的にLINE@をはじめました、
定期的に英語のワンポイント情報をお伝えして行く感じです。

あら、面白いかもと感じた方はぜひ下記リンクでご登録くださいね〜

https://line.me/R/ti/p/%40zhg9242d

Share with:

【英語お悩み相談】英語で長い文章が話せないんですけど!【英会話カフェMickey House】

英語お悩み相談室

サガラさんの★英語お悩み相談室★

ミッキーハウスで毎度お馴染みのサガラです。ベルギー人です。2018年明けましたね!よくお客様から「どうすれば英語が上達するの?」という質問を受けるので、今年はブログにてそういった質問に回答していくことにしました!
え?ミッキーハウスにブログがあったのかって・・・?

あったんだよ!!前の更新は2年前だけどもっ!!!

さてさて、記事を書くにあたり、事前に皆さまから英語に対するお悩みのアンケートを募集いたしました。

するとなんとわずか2日で25件くらいの回答がッ!!
皆さまの英語に対する真剣な気持ち、感動いたしました!

その悩みを解消するべく、当ブログにて英語取得のコツを少しずつ書いていきます。

 

では最初のお悩み!

『英語で長い文章が作れない』

最近非常によくいただくご相談。内容としては、

「長く話せない」
「話すとなると文章が短くなってしまう」
「話すとワンパターンの短い文章しか出てこない」
「もう少し長く話したいが、どうすれば良いか迷ってしまう」

基礎を固めて最低限の英語が話せるようになっても、もうワンステップ踏んだ少々長い文章が作れない、あるいは書くときは割と長い文章を書けるがいざ喋ろうとなると頭が真っ白になって単語がパっと出てこず長い文章が作れない、といった方が多いように感じます。

・「長い文章」とは何か

まずは「長い文章」とは何かを考えてみましょう。書く時も話す時も文章が長くなると意味が解りづらくなります。それは英語でも日本語でも同じです。
役に立つ「長い」文章とは、「基本的な文章」「必要な情報」のみを加えた文章です。それも大抵1つまたは2つの「必要な情報」に限ります。

例えば、

・I lived in Nagoya.(名古屋に住んでいました)
・I lived 2 years ago in Nagoya, a big city in the middle of Japan.(2年前に名古屋という日本の中部にある大都市に住んでいました。)

・I like Tokyo.(東京が好きです)
I have to say I like Tokyo pretty much for its unique mixed Japanese and  international atmosphere.(あえていうと東京のユニークな和洋の雰囲気が好きです)

文章にこだわらずストーリーに集中!

また、一つの文章に限定せずにストーリを描くような感じでいくつか基本の文章を作るのも一つの手です。

例えば、

I go to Mickey House.(ミッキーハウスに行っています)

で止めるのではなく、

In fact,  I go there 3 times a week. The first time I went there was 2 years ago. I liked very much the friendly atmosphere and the interesting conversation I had. The owner is very friendly and easy to speak with too.

(実は、週3回通っています。初めて行ったのは2年前です。優しい空間と面白い会話がとても好きです。オーナーもフレンドリーでとても話しやすい方です。)

ポイントは一つ一つの短めの文章難しく考えないことです。とにかくストーリーを描くことに集中して話していくことをお勧めします。

話が詰まってきたらどうすればいいか

自分から話を振ってもあまり盛り上がらなかったりシーンとした雰囲気になってしまったら、続けて積極的に相手に質問してみましょう。

どんな質問がいいかというと、先ほど話していたストーリーからキーワードを一つ選んで、それについての質問をする。先ほどの”I go to Mickey House.”の例だと、

What was the latest interesting conversation you had about in Mickey House?(最近ミッキーハウスではどんな面白い話をしましたか?)

そうすると話が自然に広がります。

→「やばい、話すネタがない!」と思ったら、相手に質問しましょう!

話す回数こそがポイント

あとは、上記の方法をなるべく毎日練習することです。どうしても毎日が無理ならば、とにかく英語を使う頻度を増やしていくことをお勧めします。すぐに結果に繋がりますよ!

長い文を言えるようなりたいという願望があるというのは、英語のレベルが次のステップに上がる寸前の証拠。いいですね!その調子です!

さて次回は実際にどうやって質問をして話を広げるか、を書こうと思います。お楽しみに〜☆

サガラ

Share with: